ゲームレビュー

【Celeste】山登りがいかに厳しいものかと教えてくれる死にゲー【評価・感想】

【Cuphead】高難易度ゲームの楽しさを知ったロビンちゃん、新たなる絶望を知りたくてSteam高難易度ゲームを探していた所、圧倒的高評価がとても多いゲームを見つけた。
【Celeste】2018年初頭にリリースされたドット2D型横スクロール山登りゲーらしい、早速購入しプレイしてみる

ゲーム概要

【Celeste】のストーリーを説明しよう。 マデレンという一人の少女が自分の心の病を克服するために一人でセレステ山という山の山頂を目指すドット2D型横スクロールアクション山登りゲーである。

操作は比較的シンプルで移動、ジャンプ、掴まる、連続ジャンプ、大体このくらいの操作で山登りをしていくのだが山頂までの道のりが険しすぎて絶望すること間違いなしだろう。

ただの死にゲーではない

そんなに死んですごいストレス貯まりそう…(; ・`д・´)と思うかもしれないが実際にやってみるとあまりストレスは感じない。
理由は大きく分けて二つあり一つ目リトライの速さ。
死んでから約2秒でリトライできる圧倒的スピードにより死にゲーによくあるテンポの悪さを改善している。
二つ目は理不尽な死がないことである。
本作は不確定要素のギミックは一切存在していなく理不尽に死ぬということがない。

難しいが特定のパターンを覚えれば進むことができ、死んでは少し進みまた死んでは少し進み…と死ぬことで自分の成長を感じられる、【死】こそがこのゲームのレベルアップ要素なのであると私は考えている。

それでも死にたくない?

甘えんな! You don’t have enough experience ( ゚Д゚)

さらなる困難へ

山頂をにたどり着いたロビンちゃん…しかしこれで終わりではなかった模様。
クリアしたあと新たにマップが追加されいくとそこは謎の青い光の壁に阻まれていた。


どうやら【特定の条件】を満たさないとこの先へは進めないらしい。
その条件とは、各マップにはそれぞれ裏マップが存在していて、そこの最奥にあるハート💛をいくつかゲットすることで進めるという感じなのだが、通常マップとは桁違いの難しさを誇っている。


クリアするには通常マップの何倍もの死( experience )が必要だろう。

最後に

死にゲーながら不確定要素がなくリトライも早い、マップはかなり難易度が高いが死ぬたびに自分の腕が確実に上がっていると実感することができるゲームです。
なによりストレスを感じない!これは個人差があるでしょうが間違いなくほかの死にゲーと比べてストレスを感じないでしょう。
ゲームのボリュームもかなりあり、ロビンちゃんは13時間で山頂に到着したのでが、まだまだ先のステージが出てきてもう少し遊べそうです!
高難易度ゲームが三度の飯より大好きという方にはすごくお勧めできるゲームで絶対に中毒になること間違いなしの作品ですので是非購入して遊んでみてください、そして一緒に【死】という名の経験値を一緒に貯めていきましょう。

以上で【Celeste】の紹介を終わりにさせて頂きます。

Celesteを購入

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。