ゲームレビュー

植物とゾンビの攻防戦!?【Plants vs Zombies: ネイバービルの戦い】アーリーアクセスに参加せよ!

Electronic Arts で植物VSゾンビという異色FPS【Plants vs Zombies: ネイバービルの戦い 】が日本語対応でアーリーアクセス版で販売されました!

私が昔熱中していたプラント&ゾンビGWの続続作ですね。 プラント&ゾンビGW の続作 プラント&ゾンビGW 2は日本語非対応だったのでとてもうれしいですね!

オーバーウォッチに通ずる3のクラス?

キャラがかわいい…

本作ではアタック、ディフェンス、サポートの3種類のクラスがあります。名前の通りアタックはダメージを出しやすい、ディフェンスは耐久力があり味方を守れるスキルが有り、サポートは名前通り味方の体力を回復したりする。プラント、ゾンビ側合わせて20体ものキャラがいるのもいいですね

オーバーウォッチをメインでプレイしてる私にとってこのシステムはとてもワクワクします。
キャラもとても愛くるしいですね(*’ω’*)
プラント、ゾンビ側合わせて20体ものキャラがいるのもいいですね !

とりあえず実際にプレイしてみる

開始地点はソーシャルエリアから

プレイを開始するとまず飛ばされるのがいろんなプレイヤーが集まるソーシャルエリア。
ここではマルチプレイヤーするための入り口【画像左端の青い所】の他にスキンガチャ、PvEエリア(ギルティ公園)ぐらいしかないが、今はアーリーアクセス版なので仕方ないといえば仕方ない。

重要なのはマルチプレイよ( ゚Д゚)

私のお気に入りキャラ(トウモロコシ)の右にあるマルチプレイヤーポータルに接続にしてモードを選び青い所に飛び込む。これでマルチプレイが始まるわけだ!ちなみにトウモロコシはアタッカーだ。

スキルはこんな感じ
いざ戦場へ!

このゲームはプラント(植物)側とゾンビ側で別れて競い合うゲームだ。今回はプラントチームがゾンビチームの拠点を占拠せよというモードらしい(*^-^*)

私はプラントチーム、攻め側でプレイしている(もちろんお気に入りのトウモロコシ)
ちなみにだが、プラントチームとゾンビチームは任意で選べなくランダムっぽい。

いきなり済まない…拠点を見つけた瞬間に瞬コロされてしまった。変なビームみたいのが四方八方から飛んできて…どうやら囲まれてしまったようだ。拠点の周りにはいくつも通路があるので裏取りもしやすいのだろう。

オラぁ( ゚Д゚)リベン…ジ?

気を取り直して再出撃( ゚Д゚)開始早々キルされて怒り狂った私はトウモロコシマシンガンをぶっ放しながらダイナミックに登場Σ(・ω・ノ)ノ!

しかし味方が既に制圧寸前で私の力はいらなかった模様(😢)

なんか見たことあるものが出てきた…

拠点の制圧が完了したら他のゲームでも見たことのあるペイ…なんでもない

カーゴが登場。どうやらこれをゾンビ陣営まで押すのが次のミッションらしい。

順調にカーゴを押していき、ゾンビ陣営まで無事到着!
次なるミッションはゾンビ陣営にあるバッテリーを6つ盗むというものである。
どうやらこれが最終ミッションらしい。

だがしかしここからが難しい…バッテリーを取る所が一か所しかなく敵も密集しやすい。
そしてなによりつらいのがバッテリーを持つとスキルが使えなくなるということだ。
ここで重要になってくるのが味方のサポートだと感じだ。クラス別の特性を生かせばバッテリーを持っているプラントの援護がやりやすくなる。

ひいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいる

アタッカーの限界を感じ味方を援護するサポートに変更、このゲームはオーバーウォッチ同様試合中でもキャラを変更することが可能。そして今回使うサポートがこのひまわりちゃんだ🌻

スキルはこんな感じ。あと声が滅茶苦茶可愛い

サポート使うとの体力の状態が表示される。そこで気づいたことがある

誰もサポートやってねぇ…

これでは最終局面で押せないのは当然だ。
ということでスキル活用しまくりヒールを開始!私はバッテリーを盗んでる味方を優先的にヒールした
ゾンビ側はバッテリーを盗まれるのが一番嫌なため優先的にバッテリー所有者を攻撃してくる。
私がヒールをしていれば必然的にゾンビ側のキルタイムは遅くなり攻撃を受けていないアタッカーは暴れることができる!

見事勝利

サポートを選んでから試合展開が楽になった印象。
もちろん私だけのおかげではなくアタッカーの攻撃力、ディフェンスの耐久力、サポートの回復力この三つのクラスがバランスよく作用してつかんだ勝利である。
一見かわいらしいデザインのゲームだがオーバーウォッチ同様ある程度の連携、3つクラスのバランス意外に奥が深いゲームかもしれない。

最後にゾンビ陣営のソーシャルエリア

最後に…

Plants vs Zombies: ネイバービルの戦いの紹介いかがでしたでしょうか?

簡単にものすごく切り抜いて紹介しましたが私自身昔ハマったゲームだけあってかなり遊べそうな作品だと思いました。

まだまだPvEなど紹介できていないものもありますがあとはご自分の目で確かめてはいかがでしょうか?とてもおすすめできるゲームです。

Plants vs Zombies: ネイバービルの戦いElectronic Artsで3000円くらいで販売してるのでもし興味があったら購入してみて一緒に植物VSゾンビの世界を一緒に楽しみましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。