ゲームコラム

オーバーウォッチ初心者におススメできる・できないヒーロ一覧【DPS】

こんにちは、ロビンちゃんです。

switch版オーバーウォッチが発売されて、オーバーウォッチ2の発表されたことでオーバーウォッチ新規参入者が増えると思います。

新規の方にはオーバーウォッチを楽しくプレイしてもらえるようここでは初心者におススメできる・できないヒーローをDPSの中で紹介させていただきます。

初心者におススメできるヒーロー【DPS】

オーバーウォッチはほとんどのキャラが個性的なヒーローばかりです。中にはあまりのクセの強さに初心者ではとても使いこなせないものもあります。そんな個性豊かなヒーローの内、初心者に使いやすいヒーローを3人紹介させていただきます。

ソルジャー76

ソルジャー76はオーバーウォッチにおいてまず触れておきたいTHE・初心者ヒーローだ。

オーバーウォッチはクセが多いキャラクター多い中、このソルジャー76は最もクセが少ないキャラと言ってもいいだろう。

ヒーローとしてのバランスがいいので基本的にどのヒーローとも戦えるが、その分器用貧乏になりやすいので中級者以降の場面ではあまり使われていないヒーローの一人。

基本情報

ヘビー・パルス・ライフル

オートマチック・アサルトライフル。最大20ダメージ・装弾数25発

彼の持つメイン武器、ヘビー・パルス・ライフルは瞬間的な火力はないものの、他のFPSの武器に最も近い性能を持つので初心者・他FPS経験者には扱いやすい。

スプリント

前方への移動速度が上昇する。ソルジャーで最も重要なアビリティ。クールタイムなし

「ただの足が速くなるアビリティじゃん」と思うことなかれ。

味方チームとの合流・裏取り・高台及び有利なポジション取り・回避・デス後の戦闘復帰など機動力があるということは、ありとあらゆるシチュエーションに対応できる。

ヘリックス・グレネード

爆発するロケット弾を発射するアビリティ。120ダメージ・CT8秒

弾速が早く威力120なのでそこそこ高く、当たればHP200が多いDPS・ヒーラーならほとんどのヒーローのHPを半分以上削れる。

しかし真正面から当てるのは少し偏差撃ちをする必要があり、コツがいるので足元を狙うか、高台から撃つと当たりやすい。

バイオティック・フィールド

DPSとしては珍しい回復アビリティ。毎秒40回復・効果時間5秒・CT10秒

効果範囲は狭いが自分や味方を回復できるので使いどころはかなり多いがクールタイムが15秒と長いのでよう考えて使用しよう。

基本的にソルジャーは高台に一人でいることが多いので単独で使用することが多いが、初心者の内は味方を回復させる目的だけで使うのもあり。()

タクティカル・バイザー

視界内のターゲットを自動的にAIMしてくれるアルティメットスキル(以降ULT)

「自動的にAIMしてくれるなんてめっちゃ強いじゃん!」と思う方もいるかもしれないが、このオーバーウォッチというゲームにおいてはそうはいかない。

ラインハルト、オリーサ、シグマといった盾持ちのヒーローの後ろに隠れたり、ルシオ、ゼニヤッタ、などのカウンター持ちのULTを持ったヒーロー無効化されたり、このタクティカル・バイザーに対抗できるヒーローはいくらでもいる。

むしろこのULTは刺さらない事の方が多く、DPS最弱ULTと言われることもしばしば…

だが初心者にとっては「オートAIMしてくれる」という分かりやすい内容のULTなので使いやすいでしょう。

ソルジャー76まとめ

  • オーバーウォッチの中で最もクセがないヒーローで初心者でも扱いやすい。
  • バランスはいいが、その分尖ったスキルがなく、器用貧乏になりやすいので中級者レベルのマッチにおいては性能的に腐る場面が多い。

おすすめのソルジャー使い【dafran】

マクリ―

マクリ―もソルジャーと同じく基本性能が他FPSと似ていて使いやすいです。ですが初心者目線で言うとよりAIMスキルがより必要になったり、移動スキルがない、スキルもクセがあるのでソルジャーよりは若干使いにくいという印象です。特にULTはかなり慎重に打たなければすぐに敵にフォーカスされ、不発のままキルされることもしばしば…ということで詳しいマクリ―の性能について紹介します。

基本性能

ピースキーパー

メイン、精度の高いリボルバー。サブ、残弾を一気に打ち尽くす。

メイン射撃:最大70ダメージ・装弾数6発
サブ射撃(ファニング):最大50ダメージ×残弾数

この武器はオートマチックではなく単発射撃なので1発1発の精度がかなり重要になってくる。また敵にヘッドショットを当てられればチーム全体のダメージレースにも大きく貢献できるのでAIM力がない人にはこのキャラは少し厳しいかもしれないが、これは初心者・クイックプレイ、低ランク帯ではあまり重要視しなくていい。というかこのキャラはDPSの中でも簡単な部類に入るのでまずはヘッドショットの事は考えず、1発1発丁寧に焦らず当てていこう。

またサブ射撃:ファニングに関しては、ファニング単体で使うとあまり強くはない。なぜなら、弾の拡散が激しく、かなり敵に近づかないと有効に使用できないからだ。ので下で紹介するがフラッシュバンとコンボで使うことをお勧めする。

フラッシュバン

正面の敵をスタンさせる。スタン効果(0.7秒)・ダメージ25・CT10秒

文字通り敵をスタン(動けなくする)アビリティで上で紹介したファニング相性がいい。

スタンさせた後にファニングを撃てば確定で325ダメージ入るのでヒーラー・DPSは必ずキルできる。角待ち、裏取りなどをしてやると効果的。なおこれをやるとめっちゃ敵からヘイトを食らうので恨まれたくなかったら2回くらいしとこう(*’ω’*)

なおフラッシュバンは相手のアビリティ使用を中断でき、リーパーのデス・ブロッサムや、ファラのバレッジを中断できるので余裕があったら積極的にフラッシュバンを使おう。

コンバット・ロール

進行方向に前転し、リロードするスキル。リロード・CT6秒

基本的にすぐにリロードしたいときに使う。上記で書いたフラッシュバン×ファニングの後の追撃用や、敵との交戦中にリロード時間を短縮したい時など。

しかしコンバットロールは微弱ながらも回避スキルとして使用することができる。ロードホッグのフック回避にはとても使いやすい。

デッドアイ

早抜きで敵を倒す。

画面に映るすべての敵をロックオンし、時間経過に応じたダメージを与えるスキル。

1秒経てばHP200のヒーローはキルできるほどの威力を持つ。

体力の多いタンク、特にロードホッグなどは約3秒ほどかかるので基本的にDPSやヒーラーなどHPの低いヒーローだけキルするというのが多い。状況的に狙えるのであればタンクをキルするために粘ってみてもいいがこのULT使用時、マクリ―は完全に無防備になるので返り討ちに合うことが多い。また強力なULT故、警戒もされやすいのでいかに気づかれずにULTを発動するかが勝負の分かれ目。

ちなみにこのULTは使用中にキャンセルできるので「返り討ちに合いそう」と思ったら無理をせず、キャンセルするのもあり。しかしULTゲージは0%に戻る。悔しいがキルされて相手の養分になるよりはましだろう。

マクリ―まとめ

  • 機動力がないので裏取りは最小限に。
  • ソルジャーよりAIM力が物を言う。
  • アビリティのクセはソルジャーよりある。
  • ファニング×フラッシュバンのコンボを積極的に使おう。
  • デッドアイはハイリスク・ハイリターンで漢のULT。

おすすめのマクリー使い【wanted】

リーパー

リーパーは近距離で性能を発揮するショットガンを2丁持ったヒーローです。特に対タンクでは無類の強さを発揮してくれます。回避スキル、移動スキルそれぞれ1つずつ所有しており、そのスキルの使用感もシンプルなため初心者におススメできるヒーローといえるでしょう。接近戦で戦いたいという方におススメです。

しかし逆を言えば接近しないとダメージが出せないというマイナス要素もあります。それを補うアビリティもあるのでリーパーの性能の基本性のについて見ていきましょう。

基本性能

ヘルファイア・ショットガン

近距離で有効な範囲武器。最大ダメージ140・装弾数8発

リーパーのメイン武器。近距離ではかなりの強さを誇る。タンクに対しては体大きいのでダメージが出しやすい。しかし中距離以降となると弾が散弾するため極端にダメージが減るので近づけるのなら積極的に前へ出て攻撃しよう。ちなみに交戦中に多少被弾してもリーパーのパッシブスキル:ザ・ヒーリングによって与えたダメージの40%回復するためある程度のダメ―ジなら乗り切っていけるポテンシャルを秘めている。

シャドウ・ステップ

指定の位置にテレポートする。CT10秒

基本的には移動時間の短縮、遠くの敵に接近する時、裏取りなどに使う。敵に気づかれずにこのスキルを使用して裏取りできれば、敵をキルできる確率が高いので積極的に使用しよう。

しかし使用するまで~使用した後、若干の硬直あるので気づかれてしまった場合、返り討ちに合う可能性が高いので即座にレイスフォームを使用して逃げよう。

ちなみにリーパーがシャドウ・ステップ使用中に「移動する!」などと大声で叫ぶもんだから、その声で気づかれることもしばしば…自分から見つかるようなことをして気づかれたいのか気づかれたくないのか、どっちなんだ!という悩みを我々OWユーザーは常々思っている。

レイス・フォーム

無敵状態になり、攻撃できなくなる。アビリティ終了時、弾を補充する若干移動速度がUPする。CT8秒

リーパーを使っていて一番使うスキルはこれかもしれない。基本的に回避目的で使用されるが、移動速度UP・弾補充するのでHPが少ない敵を追撃するためにも使用される。 無敵状態を途中でキャンセルでき、単なるリロード目的にも使える。 しかもこのアビリティはザリアのサージや、トレーサーのパルスボムDVAの自爆なども回避できるから汎用性は非常に高い。

デス・ブロッサム

全方位、すべての近くにいる敵にダメージを与える。

近くにいるすべての敵に秒間ダメージ170を3秒間与えるという非常に強力なULT。

非常に強力でザ・ヒーリングの効果も適用されるため敵が密集している所で発動すれば大体の確率で敵のチームは崩壊する。

しかし協力なULT故に警戒をされる。警戒を怠ればアナのスリープや、マクリ―のフラッシュバン、ブリギッテのバッシュなどでスタン・スリープされてULTを中断されることがある。

DPS全般のULTに共通するが、いかに相手に気づかれずにULTを発動するかが肝になってくる。

これができればデスブロッサムが刺さる場面が増えてくるだろう。

おすすめのリーパー使い【spirit】

初心者にはおススメできないヒーロー【DPS】

おすすめできるヒーローとは違いお勧めできないヒーローはたくさんいるがその中でも特にお勧めできないヒーロー3人を紹介する。

ドゥームフィスト

初心者におススメできないヒーロー代表。

世界一嫌われているDPS代表

OWユーザーに「初心者におススメできないヒーローを教えてください」と聞いたら満場一致でこのヒーローの名前が挙がる…そのぐらい難しいヒーローである。しかし中級者、上級者の間では間違いなくDPSの中で上位に食い込むほど強い。

基本情報

彼の戦闘スタイルは他DPSの中でもかなり異質で完全にアビリティありきなヒーローだ。

そのアビリティのなかにコンボが存在し、スラム→メイン→アッパー→メインで敵をキルしてロケットパンチで味方チームへ帰還などとても初心者にはできない高度なキャラコントロールを要求される。一たび初心者がドゥームを使い敵に殴り込みに行ったのならば敵もキルできずただリンチされながらキルされるのを待つ…そんな地獄の片道切符を発券されるのは間違いない。

このキャラクター、このあまりのキャラコントロールの難しさからある程度オーバーウォッチを経験しているユーザーでさえもまともに使えている人はごくわずか(筆者も使えないのであまり偉そうに言えない)。しかしまともに使えればそのクセの強さの恩恵としてとてつもない爆発力を見せてくれる頼もしい存在になる。そのあまりの強さに大体のOWユーザはドゥームフィストが嫌いだ。

ここまで読んで「それでも俺は使いたいんだ!」という挑戦者はドゥームの要のアビリティ、ロケット・パンチをタンク以外に使用すれば大体倒せるので是非挑戦してみてくれ。

ドゥームまとめ

  • 難しい
  • ウザい
  • コーヒー豆に似てる

おすすめのドゥーム使い【Chipsa】

ゲンジ

日本を代表するサイボーグ忍者。

ドゥームほど難しくはないがそれでも初心者が使用するには難しい。

ゲンジはメインの手裏剣を投げているだけでは全くダメージが出ない。アビリティの木の葉返しや、風切りなどのアビリティを駆使してダメージを出すのだが、初心者の内はダメージを出すのに苦労するだろう。またゲンジはある程度自分から敵のエリアへ行かなきゃいけない、その後のプラン、押し引きのタイミング、ライフパックの位置など考えることが多いので初心者には難しいと言える。

基本情報

手裏剣(メイン・サブ)

メイン:精度の高い手裏剣を3連射。24ダメージ×3(威力減衰なし)

サブ:3本の手裏剣を扇状に発射する。24ダメージ×3(威力減衰なし)

ゲンジのメイン武器、速着ではないので偏差撃ちが要求される。ある程度敵の動きを予測しないと当てられない。

サイバー体術

壁登りと2段ジャンプが可能。

文字通り壁を登ったり2段ジャンプできるスキル。このパッシブスキルのおかげでゲンジは高台へ容易に行けたり敵を翻弄することができる。

旨いゲンジはゴキブリみたいにカサカサ壁を這いまわるので見ていて気持ち悪い。

木の葉返し

自分に向かってくる飛翔体を標準の方向に跳ね返し、近接攻撃をブロックする。CT8秒

ソルジャー、マクリ―、ウィドウなどのメイン武器など。あらゆる飛翔体を跳ね返せる。敵が一点に集中して攻撃していることろに木の葉返しを使えばかなりのダメージを跳ね返せるので積極的に狙いに行きたいところ。なお先だしで木の葉返しを使うと当然だが敵は撃ってこないので無駄打ちに終わることが多いので撃った直後、予測して木の葉返しを使用しよう。

このアビリティの強い所は敵のULTも飛翔体であれば跳ね返せるという点にある。メイのフリーズや、ザリアのグラビトンサージ、など飛翔体であればULTでも返せるといった非常に強力なアビリティ。

木の葉返しで返せないのはメイのスプレー、ザリアのレーザー、ウィンストンのビリビリ、シンメトラのレーザーなど放射系の武器は木の葉返しでは返せない。

風切り

前方に斬りこみ、ダメージを与える。その際敵をキルすればCTをリセットできる。50ダメージ・CT8秒

ゲンジの要と言ってもいいアビリティ。基本的にはHPが少なくなった敵に斬りこんでキルをし、CTをリセットしてまた別の敵に斬りこむといった風な使い方をする。このスキルの使い方がうまければキルを連続して繋げられるのでゲンジ使いになりたいのなら風切りのタイミングをマスターしたい所。

よく勘違いする人がいて、最後に風切りでキルをしなければCTがリセットされないと思っている人がいるがそれは間違いで、そのキルに関与していれば他のチームメイトがキルしようが、メイン手裏剣で攻撃しようがリセットされるので必ずしも最後に風切りでキルを狙わなくてもいい。

攻撃以外にも倒せないと判断したら風切りで味方の所へ帰還するなど、状況に応じて使い勝手のいいアビリティである。

龍撃剣

ゲンジのULT。1撃120ダメージ・移動速度33%UP・効果時間6秒

「竜神の剣を喰らえぇぇぇえぇっ!」で知られるこのULTはDPSのULTの中でも屈指の強さを誇る。しかしこのULTは敵に飛び込斬りかかる必要があるため返り討ちにも会いやすい。そのためアナのULTでダメージと防御力を強化して使うことが多い。

ゲンジまとめ

  • 敵に飛び込むことが多いので初心者だと死にやすい。
  • アビリティの使い方が他のDPSと比べて難しい。
  • 味方と離れて行動することが多くマップの地形、ライフパックの位置などある程度知っておく必要がある。

おすすめのゲンジ使い【Haksal】

ソンブラ

彼女の難しい理由として挙げられるのは、見方と合わせることの難しさ、効率的にハックをしないとソンブラが腐り、実質5VS6の試合を味方が強いられることである。彼女のULT、EMPは範囲内に入った相手のスキルを5秒間封じるといった非常に強力なスキルだが、これは仲間と連携してこそのULTで、仲間と連携せず、このULT単発で状況を打破できるものではない。その例としてよく味方に合図ををせずいきなりEMPを発動して、ソンブラ一人が突撃→死亡なんて言う光景をよく目にする。

ソンブラは他のキャラより単体行動が圧倒的に多く、ソンブラのアビリティ自体も直接ダメージを出すものではないので初心者で活躍することは難しく、何もできないことが多い→からの避難殺到。筆者もソンブラにハマってた時期があったが使いこなせなくてよくチームからありとあらゆる汚い言葉でののしられた経験がある。(お前が下手なだけというのはNG)

基本情報

マシンピストル

近距離用のオートマチック小銃

以外に使い勝手がよく多少の弾の拡散性はあるものの、近距離では結構ダメージが出る。しかし公式での説明で書いてあるように近距離用なので中距離以降は威力減衰が激しいのでなるべく近距離で交戦することをお勧めする。

オポチュニスト

溺死の敵を壁越しで探知することができる。

HP50%以下の敵を壁越しで見ることができる。のでそのヒーローが単独で動いていたら積極的に近づいてキルを狙いにいこう。

ハック

長押しで敵をハック、アビリティの使用を阻止する。ラインハルト、ドゥームフィストなどアビリティに依存しているキャラをハックすると効果的。ライフパックをハックした場合、再出現までの時間が短縮されるのでライフパックの近くで交戦するとタイマンの場合HP面で優位になれることが多い。、敵はそのライフパックを使えなくなるので積極的にライフパックをハックしよう。ハック完了前にダメージを受けると中断されるので正面からのハックは絶対にやめてかならず敵の背後、もしくは気づかれない位置からハックを開始すれば成功する確率がぐっと上がるはず。

ステルス

透明になり、移動速度が上昇する。

基本的にヒーラーへの攻撃、ハックをするための裏取りの手段として使うことが多い。

ここでよくある勘違いなのだが、透明になるだけであって、無敵状態になるわけではないので注意が必要だ。ダメージを受けてしまってはステルスが解除されしまう。ので敵が攻撃してないところを移動するようにしよう。

トランズロケーター

ビーコンを設置する。再度ボタンを押すとその先に、テレポートできる。Fキーを押すとビーコンを破壊できる。(PC版以外の人は各自ボタン配置を確認してほしい。)

基本的な使い方として、ライフパックをハック→その周辺にビーコンを設置→ステルスで裏取り→攻撃→キルor返り討ちに合いそうになったらビーコンへテレポート。この一連の流れで使うことが多い。よくあるミスとしてビーコンを設置しないでそのまま裏取り→気づかずに交戦→テレポートできずに死亡、なんてこともあるので焦らずに設置したことを確認してから行動しよう。

EMP

周囲の敵をハックして、シールドや、バリアを破壊する。

ハックの強化版と考えていい。ソンブラの最も需要なアビリティであり、これをミスするとチームにかなり迷惑がかかる。特に上記でも説明したが味方と合わせないと何の意味もなくなるので、必ずVCで声掛け、VCをするのが恥ずかしいor持ってないのであれば必ずラジチャでEMPが貯まったことをみんなに伝えようこれができる出来ないとではその後のチームの動きに大きな差が出ることを忘れてはいけない。

おすすめのソンブラ使い【Fitzyhere】

最後に…

いかがでしたでしょうか?

おススメできる、できないヒーローを紹介しましたがこれは私の個人的意見ですので、自分が使いたいと思ったヒーローを使ってみるのも全然ありだと思いますし、最初のうちにいろんなヒーローに触れておいた方が後々役立つと思います。何より自分に合ったヒーローを見つけてこのオーバーウォッチを是非楽しんでください。以上でオーバーウォッチの初心者におススメできる、できないヒーロー【DPS】の紹介を終わりにしますぅ↑

ばいばい(*’ω’*)ノシ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。